言わなければ分からないという

聞いた話、医者も、何も特に厳重な注意で、調べるわけではないようですね。
何を言いたいのかというと、法律的には問題があっても、それは専門家の注意であり、言わなかったら、別に車なり乗ってもいいという事のようです。

そう考えると、せめて原付くらいは欲しいなあとは思いますけれどね。
ただ市役所で免許を受ける際に、障害者ってばれていると、やっぱり、それは言われて、取り消しにんってしまうのだろうなとは思っていますが。

この前、銀行でそんな話がありました。
言わなかったら分からない、又過剰に調べられたら、それは法律違反という事なのだそうで、そりゃある程度までは相手だって調べられるでしょうけれど、言わなかったら、相手も分からないだろうなという風に思いました。

ならば、医者に内緒で、何かしら乗り物も良いとしたいのですが、まあ乗り物に関して、私は能力がないので、そこはやめておこうと思います。
才能が基本的にないのですね。乗り物。公式ページはこちらから

節約にはまってます

 最近私生活で色々あり、家計を見直そうかなと思って家計簿をつけ始めたところ、無駄な出費が多いことが判明。
早急に何とかしなきゃ、ということで、「節約!」を行うことに。
節約情報を雑誌やネットで片っ端から集めて実践中です。
ネットではかなり多くの情報が集まりましたが、信ぴょう性がどこまであるのかわからない情報もあり玉石混交。
信頼できそうなものだけ実践に移すことにして、あとは書籍を頼ることに。雑誌なら信ぴょう性の高い情報も多いのでそちらを中心にしています。

 まず、節約する項目ですが、光熱費と食費を中心に考えました
。固定費はうちの場合社宅ということもあり変更できるところがほぼないので、変動費の中から節約することに。
都内とかだとスマホ料金節約したりとか出来たんですけど、中途半端な田舎なもので・・・。
で、とりあえず光熱費から。水道料金を下げたかったので、水道の元栓を少し絞ってあまり大量に出すぎないようにしました。
これで無駄な水がかなり減りました。
あとは、お風呂のシャワーヘッドを節水のものに変えることもしました。
ダラダラ流しっぱなしはよくないです。
電気はタップを購入して待機電力のカット、冷蔵庫にカーテンをつける、トイレの便座にシートをつけて温便座を切る。
など小さなところからコツコツやっています。
まだ実践し始めて短いのでどのくらいの効果があるのか見れないのが残念だけど、結果がたまっていくのが楽しみです。

 最後の食費は、スーパーに行く間隔を長くして週に1,2回に留めることにしました。
あまり回数行くと余計なものを買ってしまうので。
また、買うものは予算と一緒にあらかじめ決めておいて、オーバーしたら安い代用品を買うことにしました。
これで予算内の食費に収まってくれ、だいぶ節約に。
あとなるべくお腹を満たしてからスーパーに行くことも忘れずにやっています。
本当に余計なもの買わなくて済みます。

 節約は楽しくやらないと続かないので、あまり無理して節約しても健康にも悪いしこんな感じの範囲が限度かな、なんて思います。見積もりサイトで引越し費用を10万円安くする